看護師の仕事について

医療補助から心のケアまで、患者さんに最も近い存在

看護師の仕事は、医師の診察・指示のもとに行われます。
患者さんの診療補助や、入院生活を過ごしやすいよう日常生活の援助や看護が主な業務。具体的には、検温や血圧測定、注射、点滴などの治療の補助から、食事や入浴の介助、病室の消毒、ベッドシーツの交換などの身の周りの世話まで仕事内容は多岐にわたります。その他、入院患者さんの心のケアやご家族への対応までこなします。
受け持った患者さんの症状や経過などを正確に把握し、医師に報告するのも大切な仕事。 患者さん一人ひとりのニーズに合った看護が求められます。
職場は病院や診療所のほか、老人保健施設、障害者福祉施設、訪問看護ステーションなど幅広くあります。
24時間を通しての看護となるため、勤務は交代制です。勤務形態には2種類あり、日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制と日勤・夜勤の2交替制の場合が多いです。

主なスキル&こんな人に向いている仕事

看護師の主なスキル

看護師になるには、国家資格の看護師資格を取得し、専門的な知識や技術を学ぶことが必要です。他に、知事より免許を交付される准看護師もいます。
看護師・准看護師とどちらも人の命と向き合う責任の重い仕事なので、強い責任感を持って働くことのできる人が求められます。いかなる状況でも冷静な判断をし、臨機応変に対処しなければいけません。
医師よりも患者さんに近い存在なので、常に患者さんの容態の変化に気を配り、敏感に察知する観察力や洞察力を鍛えておくことも必要。
また、患者さんの性別も年齢もいろいろなので、どんな人とでも意思疎通のできるコミュニケーションスキルはとても大切になります。看護師の仕事は医療の高度化、複雑化に伴い経験を重ねるだけでなく、幅広い知識や先端医療への対応も求められるため、日々勉強する姿勢も大切です。

やりがい

患者さんと接する時間が最も長いのが看護師なので、何といっても患者さんの回復過程に立ち会えることが仕事のやりがい。
確かに、看護師の仕事は肉体的にも精神的にもハードです。介助やケアが重労働な上、生命に関わる症状に対処することも多々あります。責任の重圧や自分の処置が正しかったのか、自信がなくなることもあるでしょう。
それでも、患者さんやご家族から感謝の言葉をかけられ、自分を必要としてもらえたと実感できた時などは、うれしく感じるものです。命を預かる看護師として仕事をする以上、できないということは許されないので、看護技術や知識を必死に身につけなければなりません。それゆえ、自分の成長を仕事を通して感じることができるのも、仕事への大きなモチベーションとなります。

派遣・転職のご登録はこちらまで。ご相談もお気軽にどうぞ。

ご登録

転職をお考えのかたは、まずご相談から。

  • 登録から就業の流れ
  • スタッフの声
  • コンサルタントから
  • 職種紹介
  • ご登録はこちら
  • 登録サポート電話
  • ご登録
  • アクセス

保育士・看護師の求人・派遣・転職のキャリア・パートナーズ